ハンドベインの原因と予防法 浮き出るのは何故?どうしたら治るの?

手の血管が浮き出るのは何故?どうしたら治るの?
手の血管が浮き出る(ハンドベインの)原因は主に老化の皮膚のダメージの二つです。
治療法としてはクリニックでできるケアと自宅でできるケアがありますが、クリニックでできるケアは効果が高い反面費用も高くつきやすい、自宅でできるケアは費用が安く済む反面効果が小さいと言えます。そのため自宅でできるケアは手の血管が気になり始めたころに行うケアで、自宅でできるケアをしても効果が無い時はクリニックで治療のアドバイスをもらうようにしましょう。

ハンドベインの原因 手の血管が浮き出る原因とは

手の血管が浮き出る原因とは
最近ではさまざまなアンチエイジングのための化粧品や美容施術が話題になっていますが、そうした中でこれまで案外見落とされがちだったのが手です。手は常に手袋でもしていない限り常に露出する数少ない部位ですから、この美しさが損なわれていることを悩む女性は少なくありません。特に悩みとして最近多く見受けられるようになったのが「手の血管が浮き出る」というものです。なにもしていないのに手の甲やひじより先の部分に血管が浮き出てしまっている人はかなり多くいます。ではこの原因は何かというと、最も大きいのは加齢によるものです。

人は年を重ねてくると肌のハリやツヤが失われてくるものですが、加齢によって血管が細くなることはあまりありません。もちろん多少はあるでしょうが、それでも肌の変化に比べれば変化が乏しいと言えます。そのため若いころは肌のハリやツヤ、筋肉で隠れていた血管が、肌と筋肉の衰えによって目立つようになってくるのです。

またそうした老化以外でも紫外線などでダメージを受けた皮膚は老化した状態と似たものになりますから、若いころにアクティブな活動をしていたのにその時に紫外線ケアをしていなかった人も手の血管が浮き出やすくなります。さて、こういった原因によって手の血管が浮き出るようになるということはさておいて、では具体的にこの症状をケアしていくにはどうすればよいのか、その治療法として考えられるのは「クリニックでのケア」と「自宅でできるケア」の二種類があるのです。

クリニックでできる手の血管を隠すケア

クリニックでできる手の血管を隠すケア
ではまずはクリニックで行われているケアについてチェックしていきましょう。現在クリニックではヒアルロン酸や脂肪注入、硬化剤治療、レーザー治療といった方法が行われています。

ヒアルロン酸や脂肪の注入をざっくり言ってしまうと「皮膚の下にヒアルロン酸や自分の体から採取した脂肪を注入して肌をふっくらさせる」というものなのですが、この方法は比較的気軽に行えるものの、しばらくすると元に戻ってしまう可能性がある点がデメリットです。特にヒアルロン酸は1年程度で吸収されてしまいますから、1年経過後にはまた手の血管が目立つようになってしまいます。

次に硬化剤治療ですが、こちらは硬化剤を使って浮き出ている手の血管の流れを無理やり止める方法です。血流が止まれば血管は目立たなくなりますので効果は大きいのですが、その分費用が高い、太い血管には効果が見られづらい、処理範囲が広いと健康被害が出るリスクにつながるというデメリットがあります。

そして最後のレーザー治療ですが、この方法はどのような場合でも高い効果が期待できるというメリットがある反面、費用が高額になりやすく施術後1週間程度はダウンタイムとして包帯を巻く必要があると言うデメリットを持っています。クリニックで行われるケアは総じて効果が高いものの、その分しっかりと考えなくては後悔の原因になること、費用も高くなりやすいといったような形になるでしょう。

自由診療でのハンドベインを行うクリニックをご紹介します。ただ、日本では数クリニックしかなく、ハンドベイン手術の難しさが伺えます

東京ハンドベインセンター・・・詳しいクリニック情報はこちら

北青山Dクリニック・・・詳しいクリニック情報はこちら

東京血管外科クリニック ・・・詳しいクリニック情報はこちら

自宅でできる手の血管を隠すケア

自宅でできる手の血管を隠すケア
さて、続いてチェックするのは自宅でできるケアについてです。この方法としては基本的にハンドクリームを使ったケアになります。手の保湿をするのがハンドクリームの主な効果であるとはいえ、最近ではそれにプラスしてさまざまな美容成分を配合したものが多く出てきました。
手のひらに出したクリームを温めてから手の甲に塗り、そのあと指や水かき、爪周りや手首といった部分にまでしっかり塗ることを心がければ手全体のコンディションをしっかり整えることができます。

しかもハンドクリームはドラッグストアに行けば数百円程度で買えますし、上質なものでも数千円あれば十分買うことができます。
そのため費用負担という点で言えば極めて優れている方法です。ただその反面、デメリットして考えておかなくてはならないのが「クリニックでのケアに比べて即効性は明らかに劣る」という点です。ハンドクリームはあくまでも皮膚の保湿を行い、美容成分で肌の回復を助けることが仕事です。

手の血管が浮き出る原因は先ほど述べたとおり老化や皮膚のダメージなどですが、こうした原因の中にはハンドクリームだけでは太刀打ちできないようなものもあります。

例えばかなり年を重ねた女性が高価なハンドクリームをつっても、すぐに赤ちゃんのようなみずみずしい肌にするのは難しいでしょう。そのためこの自宅でできるケアは早い段階で行うケアとして考えておく必要があります。もしハンドクリームで改善が見られないのであればクリニックを受診して治療のアドバイスをしてもらいましょう。


PAGE TOP ↑