子育てママ向けの手の血管ケア

公開日: 

子育てママ向けの手の血管ケア
他の部分は若い肌を保っているのに、手については血管が浮き出てしまっていることで老けて見えることにコンプレックスを感じている女性はとても多くいるとのことです。その状態の原因とされているのは加齢から起こることとされています。

年を取るにしたがって手の甲の皮膚が薄くなってしまい起こる症状です。しかし日常的にハンドケアを行ったりクリニックなどで治療を行うことでその浮き出る状態を目立たないようにさせることができます。

日常の中でも改善することができる

日常の中でも改善することができる
日常の生活の中でも手の血管を目立たせなくすることは充分にできます。大切なのは手の老化につながるとされている紫外線と乾燥の対策を徹底的に行っていくということです。

特に家事を行っていく中で乾燥してしまうことが多くあることを気をつけなければなりません。そこで、水仕事をするときや掃除をする時にはゴム手袋を着けて行います。水にさらされた手は非常に乾燥しやすくなってしまいますし、食器洗い用の洗剤は手の表面の必要な水分や油分までも持って行かれてしまうからです。これはなるべく実践していきましょう。そして水仕事を終えた後には必ずハンドケアを行いましょう。

ハンドクリームはそれほどの目立った効果が期待できないとされてはいますが、とにかく乾燥させることが厳禁なので、油分が多く含まれたものを使用するなどして対策していきましょう。外出時の紫外線対策としても、出かける前には日焼け止めクリームをたっぷり塗り、出かける時にはUVカットの手袋を着けていきましょう。

表面のケアだけではなく、血管を太くしないための対策も必要です。日頃から高コレステロールのものや糖分の多い食べ物は控えるようにし、野菜や果物を多めに摂取しましょう。軽い運動を心がけることも大切です。

もしも人前で手を見せなければならないような時に、血管が浮き出ているところを見せることに抵抗があるという人は、手を心臓より上の高さに10秒ほど上げると、滞留していた血液が心臓に戻るために一時的に綺麗な手に見えるという方法があります。

治療を行えば改善することができる

一度血管が浮き出た状態となってしまった手は、日常のハンドケアではその状態がいつ頃治るものか不安になる人もいるのではないでしょうか。この状態をコンプレックスとしてる人は多くいて、もっと手っ取り早く確実にコンプレックスを取り除きたいと考えている人の中には美容皮膚のクリニックなどで治療を行う人もいます。

手の甲の血管が視覚的に目立つ状態のことを「ハンドベイン」とよばれているのですが、そのハンドベインを専門としたクリニックは今では数多くあります。そこではどのような治療が行われているのかというと、主にレーザー治療か硬化療法になります。レーザー治療は血管内に針を刺しながらレーザーを照射していくことで血管を細く収縮していくという方法です。硬化療法は硬化剤を血管に注入することで血管を硬くし、体内に吸収させてしまうという方法です。

どちらの方法についても体のダメージはほとんどなく、その日のうちに治療を済ませて家に帰ることができるとされています。こんなに簡単に手の血管を目立たせなくすることができるならと考える人もいるでしょう。

しかし問題は治療にかかる費用で、片手だけで30万円かかるとか、血管1本に10万円かかるといったように様々ですが、両手の治療で数十万円はかかるということは間違いありません。早く確実に治療ができる方法ではありますが、高額な費用が必要なこととダウンタイムがあることがデメリットとされています。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑